レディー

敏感肌でも気軽に使えるファンデーション|メイクもバッチリ

記事リスト

過敏な肌のメイク

顔に触れる女の人

敏感肌の方は、油分の少ないファンデーションを選ぶことが大切です。ファンデーションのタイプによっては肌にストレスを与えることがあるため、注意が必要となります。薄付きのミネラルファンデーションを利用すれば、肌に負担をかけることなく肌色をカバーをすることが可能です。

More Detail

用途に合わせて使い分け

メイク

敏感肌用のファンデーションは最近ではカバー力や紫外線防止機能などがあるため、通常の化粧品と変わらない使用感が人気を集めています。トライアルキットがあるメーカーもあるため、あらかじめ肌にあうかを試してから購入することができます。

More Detail

メイクも肌に優しく

ファンデ

肌への負担となる成分が極力排除されているファンデーションは人気が高く、今後はより人気が出るかもしれません。敏感肌の人は、刺激に弱いので肌への負担が少ないファンデーションにしましょう。種類が豊富なので自分の欲しい色を見つけられるでしょう。

More Detail

メイクは必要なので工夫を

花と女性

油分の無いパウダータイプ

ファンデーションは、肌への刺激が少ない余分なものが入っていないパウダータイプのものを選ぶのが敏感肌の人にはお勧めです。カバー力はクリームタイプやリキッドタイプに比べて落ちてしまいますが、肌への負担を考えるとパウダータイプが最も適しています。日常のメイクにはフェイスパウダーを使用するようにし、しっかりとメイクをしたいときはパウダーファンデーションをパフで付けるとかなりカバーすることができます。また、ミネラルファンデーションもお勧めで石鹸で落とせるタイプのものなら使用しても刺激が少なくすみます。そして、敏感肌の人が使うファンデーションは基本的に石鹸で洗い落とせるタイプを使用するのがメイクを落とすときにも肌への負担が少なくお勧めです。

薄くても大丈夫

敏感肌の人は素肌でいることは極力避けるほうが賢明です。理由としては、やはり紫外線の影響を素肌の状態だとダイレクトに受けてしまい他の肌トラブルに悩まされるようになります。そこで、薄くてもいいのでパウダーを顔につけておくと紫外線を防止することができるのでお勧めです。また、ファンデーションを塗る時に使用するパフやブラシは使うたびに洗浄するのが理想ですが無理な場合は週に2回は洗うように心がけましょう。パフやブラシを洗浄することなく使い続けると、雑菌が繁殖したり固くなったりと敏感肌の肌へ余分な刺激をあたえやすくなります。そして、化粧崩れが気になるときは下地クリームを使用せずにスキンケアでしっかりと保湿ケアをすると防止することができます。