レディー

敏感肌でも気軽に使えるファンデーション|メイクもバッチリ

過敏な肌のメイク

顔に触れる女の人

油分が負担になります

敏感肌のファンデーション選びでは、油分の多いタイプを避けることが大切です。敏感肌の場合には、化粧品に含まれる添加物や乳化剤などが肌に負担になることが多々あります。特にリキッドやクリームタイプのファンデーションには注意が必要です。このようなタイプのファンデーションは、時にコメドの原因を作ります。敏感肌の場合は、クレンジングのしやすさもファンデーション選びの際に重視したいポイントです。強力なクレンジング剤で落とさなければならないような厚塗りメイクは、洗顔の際にも肌に大きなストレスを与えます。従って、出来るだけ薄付きのファンデーションを選ぶのがコツです。クレンジングが容易に出来る商品が望ましいと考えられます。

パウダーが役立ちます

敏感肌にとって理想のファンデーションは、薄付きでも十分なカバー力があるタイプです。例えば、現在様々なメーカーから発売されているミネラルファンデーションなどは、敏感肌に最適な1品となります。この手のファンデーションは主にパウダー状の仕様になっており、適度なカバー力を持つのが特徴です。通常の洗顔で落とせることが多く、クレンジングが不要な点も大きな魅力と言えます。パウダーの場合は、肌の表面を覆う形で顔色をカバーします。ですので、肌への密着度が低く、皮膚呼吸を妨げないのが一つの利点です。薄付きファンデーションならではの効果によってより若々しい印象を与えることが出来るため、プラスアルファのメリットも得られます。